<< 2012年09月20日のつぶやき | top | 2012年09月25日のつぶやき >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

任天堂「Wii U」悩み抜いた価格設定

 

12月8日に国内発売される任天堂の次世代型家庭用ゲーム機「Wii U(ウィー・ユー)」。価格を3万円以内(ベーシックセット)に抑えたことで、関係者の多くは「妥当な価格設定」と評価する。ただ、Wii Uの機能がどこまでユーザーに受け入れられるか疑問の声も多い中、業績回復のカギとなる年末商戦に向けて“ゲーム王国”任天堂の試練は続きそうだ。

 「3万円を超えると購入しづらく、また値下がりが起こってしまう」。

Wii Uの価格が発表される直前、あるソフトメーカーの関係者はこう心配していた。Wii Uは操作機能の充実のため、コントローラーにも画面を装着するなど高性能な機能が目立ち、価格は3万円を超えると予想する専門家が多かった。

 しかし、任天堂が発表した希望小売価格は、記憶容量が32ギガバイトと大きく、充電スタンドなどが付いたプレミアムセットは3万円を超えたが、 ベーシックセットは2万6250円と3万円以内に抑えた。「価格設定は難しかったが、消費者目線を徹底追及した」(同社関係者)と明かす。

 価格設定は評価されたものの、想定外の事態が任天堂を襲う。ソニー・コンピュータエンタテインメントが19日、小型・軽量化・大容量化した家庭用 ゲーム機「プレイステーション(PS)3」の新モデルを10月4日に国内で発売すると発表。Wii Uと年末商戦で“衝突”することになってしまった。

 「任天堂と重なってしまうとは……。戦うからにはベストを尽くしたい」とソニー関係者は、複雑な表情で話した。

詳しくはITmediaで確認してください。


Wii リモコン ヌンチャク

Wiiモーシ

r4igold3ds | WIIのゲーム | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 12:46 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL:

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--