<< 2012年09月04日のつぶやき | top | 2012年09月05日のつぶやき >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

Windows Server 2012を正式リリース

 日本マイクロソフトは9月5日、サーバ向けOSの最新版「Windows Server 2012」の提供を発表した。ボリュームライセンス版は1日に販売が開始され、バンドル版は9月中旬以降に、パッケージ版は26日に発売される。

 Windows Server 2012は、国内ではフル機能が利用できる「Datacenter」、仮想インスタンスが2つまでの「Standard」、中・小規模環境向けにクラウド連携機能を取り入れた「Essentials」、中・小規模環境でのオンプレミス利用を主眼とした「Foundation」の4つのエディションが主に提供される。


Open Businessプログラム(必要ライセンス数を適宜購入するモデル)による税別参考価格は、Datacenterが92万5000円(CPUライセンス)、Standardが17万円(CPUライセンス)、FoundationはOEMのみ(サーバライセンス)、5クライアントアクセスライセンスが3万2600円(ユーザーもしくはデバイス)となっている。

 機能面は、前バージョンのWindows Server 2008 R2に比べ160種類以上の新機能の追加、機能拡張が図られた。仮想化ハイパーバイザーの最新版「Microsoft Hyper-V 3.0」では最大320基の仮想CPUや4テラバイトの物理メモリをサポートし、仮想マシン当たりでは最大1テラバイトのメモリおよび同64基の仮想CPUをサポート。クラスタ環境では最大4000台の仮想マシンを実行できるとしている。またネットワーク仮想化機能「Hyper-V拡張スイッチ」も搭載し、マルチテナント化や外部のクラウドサービスとの連携が強化された。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1209/05/news053.html

r4igold3ds | 全般 | 15:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 15:13 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL:

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS